<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * -
アトピー治療 その5
 
歯の詰め物(水銀アマルガム)も、すっかり治療が終わり、

しばらくたつと、顔の色がまっ赤だったのが、白くなり、腫れもひいて

ちょっと良くなってきたところでした


そんな時、長岡式酵素玄米との出会いがありました。

以前、試してみた時は、匂いがダメで、食べる事ができませんでしたが

今回は、あの時、食べられなかったのが嘘のように

超おいしい〜!

と感じ、なんでしょう、ココロ(ハート)から、

食べたくて、食べたくてたまりませんでした。


ご縁あって、この玄米を出しているレストランに

夜、バイトする事になり、昼の仕事が終わるのが待ちきれない程でした

朝からず〜っと、

あ〜早く食べたいという思いでいっぱいです

とってもおいしく感じられ、ムショウに細胞が要求している感じでした


そして、自分でも炊き出しました。


長岡式酵素玄米とは・・・・

玄米を専用の小豆を入れてたき、(炊き方は決まっています)

炊いてから4日間、発酵させてから頂く玄米です。

1回に一升を炊きます。

独特の香りと、もっちりとした食感です


今までは、普通に玄米を食べていましたが、

この玄米は、よく噛まなくても、消化が良い事と、(丸飲みしても構わない程)

(普通、玄米は消化が悪い為、100回は噛まなくてはならない)

発酵する際に、ゲルマニウムというものが発生して、

超デトックス効果があります


この玄米を、とにかく、とにかく食べました

歯でだいぶ、顔の皮膚は良くなったものの、

まだまだ、身体の皮膚は厚く、硬く、かゆく、汗が出れない皮膚でした。



半年くらい、食べ始めた頃でしょうか、、

そして、お腹がよじれる程、これは出産か?(経験ないですが

と思われるような、排便があり

その後、気がつけば、汗がかける皮膚になっていました


そして、ちょっとびっくりしたのが

足の裏、真ん中より、ちょっと上あたりでしょうか

靴下に、穴があいていました

足の先なら、まだわかりますが、、

足の裏の、しかも真ん中あたりに、丸く穴があいていました。。。


なんだろうと思い、足裏の反射区をみてみると、そこは

副腎でした!

今まで、散々塗ってきた、副腎皮質ホルモン(ステロイド)

だなと、直感しました

それから、食べ続け、ちょっとずつよくなっていきました
* comments(0) * trackbacks(0) * アトピー・アレルギー
アトピー治療 その4
 その後、歯を治療する事を決断し、お願いしました

その時の私は、ステロイドを抜いていた最中で、

顔は真っ赤に腫れあがり、ぱりぱりの皮膚で目が半分しかあかず、

身体は、全身、浸湿液が出ていたため、四肢は包帯をしており、

かなり無惨?な様子だったようで

歯医者さんも、一緒に賛成して、頑張ってくれました


まず、治療台に座るのも、寝るのも、

身体が痛くて、お年寄りのように、いつも、ゆっくりと

いててて・・・・と横になっていました


まず、1本ずつ、治療して、金にとりかえていきました

右半分終わった頃でしょうか、、、、

先生が、、わたしの顔をみて、笑っています

というのも

治療の終わった右半分だけ、肌の赤みが消え、白っぽくなっていました

左は赤く、腫れ上がったままなので、

顔の右半分白くて、左はまっ赤な
なんとも、奇妙な顔になっていたようです

鏡をみて、、、

せんせ〜!!!早く全部治療してください!!!

これじゃあ、ちょっと。。。恥ずかしいです!!!


といっても、型もとったりする為、一気に治療はできないと言われました。。。


口を開けると、キラキラと金が光っています(笑



全部の治療が終わって、水銀アマルガムを、排出するサプリを飲みながら

日々が過ぎていきました


自分の顔は、毎日みているので、なかなか変化に気づきませんでしたが

しばらく、合わなかった友達に

痩せたんじゃない??? と言われました

体重は、得に変わってないのに、、、

そうです!!!

顔の腫れが、引いていたのです


それから、しばらくたって、
顔の肌が、普通にやわらかくなりました

あぁ〜これが普通の肌なんだぁ
と感動しました。。




歯の詰め物は、わたしはアレルギーとしてでましたが
持病や肩こり、病気の症状など、様々な形で、出る方も多いようです

現在は、銀歯のつめもの(水銀アマルガム)を使用している歯医者さんは

ほとんどないようですので、昔、治療した方は
いちど、検査だけでも、してみたら良いと思われます

合えば、保険内で、利く詰め物も、あるようです

大体、海外では、歯の詰め物に、使うのは禁止されているようです


私は14歳の時に、一気に、歯の治療をした事を思い出しました
アトピーの具体的発症が、15歳からくらいなので、かなり一致しています


墓場まで持っていく、唯一の財産です(笑
* comments(0) * trackbacks(0) * アトピー・アレルギー
アトピー治療 その3
 
様々な、民間療法をへて、色々試しましたが

これというものには出会えていませんでした。

イイかな??と思っても、高くて続かなかったり

効いてるのかなぁと、時間ばかりがたっていくものだったり・・・

早く治りたくて

気ばかりが、あせる毎日でした


そんな中、上からぬったくっても、中から飲んでも全然だめってことは

ココロなのかも。。。 と思ってから

ヒーリングを勉強する機会が多くなりました。

そんな中、、

アトピーは、歯で治る という方に出会いました

歯で治る???

意味わかんな〜い!

と受け流していましたが、

また、ある所で歯で治る と言われ

さすがに、何か聞いてみると

歯の詰め物を変えると治る という事でした

ハ〜!?歯??なにいってんの

歯なんかで治ったら、今までの努力はなんだったのさ

ちゃんちゃらおかしいやと、完全否定?していました

そうすると、そういう歯医者さんがあると紹介され、半信半疑で向かいました

まず、検査を受けたところ

私の銀歯は15本入っていました 

そして、その材質は水銀アマルガムだというのです!!!

その水銀アマルガムが、ちょっとずつ溶け出して身体にはいっていると

聞きました。。。。

そして、歯は臓器という内容の本を見せられました。。。

まさか、、、

そこには、歯の詰め物を、変えただけで、

ビフォーアフターよくなっている写真が、載っていました。。。

まさか、、、


信じられなかったので、実際に治療した方にお会いしてみたいとお願いし、

何本かを治療した方とお話することができました。


どうやら、歯には、何かあるらしいと初めて思いました。。。


でも、その方は、症状が重症という程でもなく、

詰め替えも何本かだったのですが、、、


これに掛けてみたい
!!!
と強く思いました


そこの歯科医院は、

その人に一番あった詰め物を、オーリングテストでみてくれます。

何十種類ある中で、私のあった詰め物は、、一番高い

でした

そして、保険が利きません。。。

今まで、さんざん、給料の9割をアトピーに費やしてきたので

これで失敗したら、どんだけだよぉ。。。という気持ちと

これで最後にしたい という気持ちが交差し、

何週間も悩みました。。。

そして、これに掛けてみようと思いました

続く。。。
* comments(0) * trackbacks(0) * アトピー・アレルギー
アトピー治療 その2
そんなこんなで
現代医療に限界を感じピピピ

完治を目指し!
ステロイドを抜く決心をして
ひたすら、ワセリン(保湿剤)だけを塗り
ステロイドが抜けるのを待っていました。

腫れた、腫れた、全身腫れたぶー
顔は腫れ上がり、目も開けられません

出た、出た、全身浸湿液困惑
身体を動かし曲げるたび、皮膚が切れるような激痛・・

原型を忘れる程です・・・

いいと言われるものは、
どんなに遠くても
どんなに高くても
買いにいきました

○○ジュース、○○クリーム、○○サプリメント
数をあげれば、一晩以上はかかります(笑
どんだけ、かけたかなぁ
世界中、旅行できるカモ地球

対処療法はできるだけの事はしました

それでも、反応はイマイチ・・・

なんでかなぁ〜

ふと思いました
こんだけやってんのに
なんでだ???

外側じゃなくって内側か??
もしかして、ココロかな??

と思った時から、雪崩のように色々な事が
引き寄せられました

続く・・・




* comments(0) * trackbacks(0) * アトピー・アレルギー
アトピー治療 その1
病院にいって、薬を塗っても、飲んでも治らない・・
薬がよくないのかも、と
違う薬を求めて、病院にいっても同じ薬(ステロイド)を処方される
また探して、診察しないとわからないといわれ、
また同じ薬を処方される
はて、市内の病院を何軒回ったことでしょうか冷や汗

そんなの繰り返しでした(笑

食事療法の病院を行っていた事もありましたが
ノートに毎日、食べた食事を書くんです鉛筆2
(あれ?今このダイエット法、流行ってますね)
先生に、見せるんですが、
肉・卵、牛乳、油物、砂糖、お菓子、果物、甘い物を
食べてはいけないので、
少しでも入っているものがあれば、赤えんぴつで鉛筆
バツを書かれます泣き顔

もう、それはあたいのノートは、まっかか
ノートを閉じたくなります。。。

そのうち、まっかにならないよう
ウソの食事かいちゃったりして
意味ないじゃ〜ん になっちゃいまして

それで病院探しをはじめました

その当時は、ちょっと変わった(今は普通ですが)
漢方薬を処方してくれる病院にしてみました
いつも混んでいました

壁にアトピーの患者さんのサークルがはってあって、
入る事にしてみました
なってみないとわからない、その人達にしかわからない悩みなどを
お互いはげましながら、語り合う、そんな感じでしょうか

20代女子にとっては、見た目は相当大事な事で
それはそれは相当の悩み事でした
化粧、アクセサリー、おしゃれ、など
できないものばっかりです
綿100%で、あそこにイイものあったよ〜など
あそこの薬局では、ガーゼが安いよ、など
超レア話で盛り上がります(笑


ふと、思ったのですが、病院に通っていている人で完治している人は
一人もいない!事を発見してしまいました。
(特に私の周りではいませんでした)
どの病院にいっても、
薬とうまくつきあえ、とか
病気とうまくつきあえ とか そんなのばっかり

良くなったり、悪くなったり、朝起きて鏡をみては一喜一憂。。。
24時間、どこか痒い状態。。。

一生、こうなのかなぁ・・・

こんなのうまくも付合えない!!

決めた!

ステロイドを抜こう!と

医者に相談しても、無理と言われましたが、
私の完治への思いは強く 
抜くことにしました。

抜いたら、
皮膚が腫上って、身体から液がダラダラと出て
日常生活ですら、困難な状態になり
感染症になり、入院しました。

そこでも、ステロイドは塗らないと医者の反対を押し切り
感染症の治療だけして退院しました

相当ひどかったらしく、
先生に、学会に使いたいから、写真とらせて
と言われましたが、断りました(だって乙女だもん!)

それからは、毎日、全身をワセリン(保湿剤のみ)をぬって
ガーゼして、包帯して、という日々でした。

続く・・
* comments(0) * trackbacks(0) * アトピー・アレルギー
アトピーの発症
私は、14、5歳からアトピーになりました。
元々、肌は弱かったようですが、はっきりと診断されたのはその頃です。
原因は・・・
今考えるとひとつではなく、いくつかのものが積み重なっていると思います

病院にいき、薬を出され、塗る、というなんら、当たり前の日々をすごしていました

高校生になってから、学校帰りに毎日友達とファーストフードの日々
なんってことない、会話をぺちゃくちゃ何時間も・・(笑
そんな時間が、なんとなく楽しかったのですおはな

ポテトに、シェイクに、ナゲットに、ダブルバーガー
食べに食べました汗ハンバーガー
アメリカ映画に、ファーストフードを食べまくった実験?
のような、もろ「地」でいってました。。。

お菓子、チョコレート、アイス、
大・大・大好きで毎日食べていましたソフトクリーム

色気より食い気?に走り、1か月で5k太ってしまって
その頃かなぁ〜・・・
皮膚にでてきましたびっくり

それから、よくなったり悪くなったりの繰り返しで
わたしの学びがスタートしました植物


* comments(0) * trackbacks(0) * アトピー・アレルギー
| 1/1PAGES |